本文へスキップ

株式会社オーティーエコテックジャパンは○○○○○○○○を専門とする○○○○○○○○会社です。

会社概要COMPANY

社名
株式会社オーティーエコテックジャパン
代表者
岡田英愛
本社所在地
〒169-0082
東京都杉並区5−35−5
〒180-0006 東京都武蔵野市中町1−28−6 1階
TEL.       0422-27-5657
FAX.       0422-27-5658
資本金
3,00,000円
設立
2002年
取引銀行 
三井住友銀行 
代表経歴
上智大学卒業後電機会社入社      その後現会社設立
        
 
  
 
        
              

沿革

2002年
シンガポールに法人を設立すると共に 日本の公衆衛生や農業のマーケティングを目的として有限会社オーティーエコテックジャパンを設立。

2003年
抗菌・抗カビにも優れた洗剤の販売を大手輸入元を通じて開始。

2004年
DR YAP(元WHO東南アジア代表)と共に開発した世界的に画期的なBIOVECTROL(三井化学の有効成分&ニーム系有効成分を融合)を改良し日本向けにBIOACT SERIES(天然原料のみ使用)を本格的に発売開始

2005年
農学博士田中氏(元三井化学)の指揮の元、ベトナム国立ホーチミン大学にてBIOACT SERIESの安全性&効果を検証するプロジェクトを実施。
農学博士山本氏(農業技術士1級環境管理士 国際アカデミー教授会委員)によりBIOACTを対象に天然有機質資材ニームオイル製造現地確認書を取得。

2007年
株式会社オーティーエコテックジャパンに変更。

2008年
ガングリオシドとニームを融合したサプリを開発・販売。

2010年                  
実用新案取得の3重フィルムより有効成分を気化する不快害虫対策「naturearoma]を発売。

2011年
小型・軽量2重フィルムによる気化型害虫忌避シートのマーケティング開始。

2012年
超臨界抽出ニームリーフ含有農業用即効性資材「BIOAT−UL」の販売開始。

2013年
中国に輸出開始。(NATUREAROMA)

2015年
大手スーパー、コンビニエンスストア、ファーストフードの各会社に小型・軽量2重フィルムによる気化型害虫忌避シートを納入。

2017年
世界にも稀な農業ハウス用大型加熱蒸散器の開発開始。

2018年
公衆衛生用小型加熱蒸散器のマーケティング開始。

2019年
ニーム以外の超臨界抽出成分の研究開始。(モリンガ、ブラックペッパー)
2021年
農業・畜産の自動化推進を目的として小型・大型煙霧器の提供開始抗菌・抗カビにも優れた洗剤の販売を大手輸入元を通じて開始。